育休取得をさらに促進!改正育児・介護休業法のポイントとは?

電話で相談する
メールからのご相談はこちら
弁護士法人プロテクトスタンスTOP法律コラム育休取得をさらに促進!改正育児・介護休業法のポイントとは?

育休取得をさらに促進!改正育児・介護休業法のポイントとは?

2022年2月10日 労働問題

●現行制度での育休取得の例

2022年10月までの育休取得の例 産後8週まで:分割での取得不可。育児休業:3回目の分割取得不可。1歳以降の育児休業:開始時点が1歳または1歳6か月に限定されるため、任意のタイミングで途中交代できない。


●2022年10月からの育休取得の例

2022年10月からの育休取得の例 産後パパ育休:分割して2回取得可能。育児休業:夫婦ともに分割して2回取得可能。1歳以降の育児休業:夫婦で途中交代可能に。

※画像引用:厚生労働省「育児・介護休業法改正ポイントのご案内

この法律コラムは
弁護士法人プロテクトスタンスがお届けしています。

総合リーガルグループとして、個人から法人のお客様まで、質の高く分かりやすい法律サービスを提供しています。ご相談者さまに徹底的に寄り添い、ベストな解決方法をご提案いたします。お気軽にご相談ください。

弁護士法人プロテクトスタンス 代表弁護士 五十部 紀英